ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。

医療費支払いのしくみ

みなさんが病気やけがで医者にかかると、病院では、その治療費を1ヵ月分ごとにまとめて、保険者(健康保険組合など)に請求し、支払いを受けるのがたてまえです。しかし、全国には何万もの病院があり、個々に請求し、支払いをしていたのでは、事務がたいへん繁雑になります。
そこで、実際には審査支払機関(社会保険診療報酬支払基金等)を通して請求・支払いをいたします。審査支払機関では、病院から回ってきた請求明細書をチェックし保険者に請求します。支払いも保険者が審査支払機関に支払い、審査支払機関から各病院に支払われます。
高額療養費や一部負担還元金、家族療養費付加金の支払い時期が診療月の3ヵ月後になるのは、このように、医療費の請求が審査支払機関を経由して健康保険組合に届くようになっているからです。

『医療費照会』および『給付金支給決定通知書』

医療費照会

診療を受けたときの医療費明細が照会できます。我々は普段、病院の窓口負担以外はあまり意識しませんが、医療費の全体を理解していただき、請求金額に誤りがないか、また重複診療などで受ける側も過剰診療をしていないかなどチェックしていただくものです。
「あなたが支払った額」とは、健康保険の適用となる医療の窓口負担となります。保険適用外費用は記載されません。歯科や産婦人科での診療は保険適用外の診療も多く含まれるため、実際の窓口負担と金額が合わない場合があります。
また、自治体の医療費助成(乳幼児助成等)や国の公費負担医療を受けている場合、制度・取り扱いが自治体により多岐にわたり、実際の窓口支払額を表示するのが困難なため、「あなたが支払った額」欄には0円と表示しています。
自己負担が発生している場合は健保組合へお申し出ください。

給付金支給決定通知書

高額療養費および付加金等、現金給付の保険給付金の明細です。払い戻しがある時期は、診療月から3ヵ月以後となります。これは医療機関からの請求書が診療月から、審査支払機関の審査を通って早くて2ヵ月遅れで健保組合に届くためです。
所得税の医療費控除を申告する場合、この通知書が参考資料となります。WEBは2年を経過するとデータが削除されますので、大切に保管してください。

「医療費のお知らせ」Webサービスのご利用について

「KOSMO Communication Web」へは下記アドレスからログインしてください
URL:https://kosmoweb.jp

Webサービスご利用にはユーザーIDとパスワードが必要です。

新たに当健康保険組合の被保険者になられた方へは、被保険者証カードを送付する際に、カードをはさんでいる台紙に仮ユーザーIDと仮パスワードをお知らせしますので、すみやかに登録をお願いします。

ページトップへ